Q&A よくある質問

留学・ワーホリででお金はどのような方法で持っていくのが一番いいのでしょうか?


色々な方法がありますが、ベストなのは海外でも引き出せる「International Card」を作って、そこに日本円を入れておくという方法かと思います。新生銀行やCiti bankなどは引き出しの手数料などがかからないか、とても小さい手数料かと思います。
現地の銀行口座ができたら、そこからAUS$でお金を引き出して、現地の口座へ移すということです。または、それほど大きな金額なのでなければ、「日本円のトラベラーズチェック」(オーストラリアドルではなく!)か、日本円の現金をそのまま持ってくるという方も多いです。 ※とにかく日本で大きなお金を一気にオーストラリアドルに換えるのはなるべく避けたほうがいいです。現地到着後に、空港で最低限のお金(1,2万円程度)だけ両替してあとは上記の方法でオーストラリアドルに換えましょう。上記の詳細を含め、留学・ワーホリの準備は、「オーストラリア留学準備完全ガイド」をご確認ください。




留学・ワーホリで現地到着後の滞在先は?


まず最も一般的なのはホームステイです。短期留学や親子留学に向いている滞在方法です。そしてワーキングホリデーや長期留学の際の最初の1,2ヶ月をホームステイで過ごすという方も多いです。 ゴールドコーストでは、プール付きの大きな家が多く、中心地からもそれほど離れていない場所にありますので、通学も問題ありません。現地の家族と生活を共にすることにより、英語だけでなく、オーストラリアの文化、風習を学ぶことができます。 次に多いのが、シェアハウスです。ワーキングホリデーや長期滞在者はこの方法が一般的です。ご自分の部屋以外は、キッチンやリビング、シャワーなどは共同です。気の合う仲間と一緒に生活するのは楽しいですし、色々な国籍の方とのシェアも日本ではなかなかできない貴重な体験です。自炊をして節約すれば、最も生活費を抑えることができる方法です。日系や現地のサイトで、シェアメイトの募集をしていますので、シェア探しも簡単です。 または、ゴールドコーストの大学や語学学校で、学生寮を持つところもあります。費用的にはシェアよりも少々割高になりますが、同じ学校の仲間と過ごすことができ、ほとんどの場合学校の近くにありますので、通学の便が良いというのも魅力です。 最後に、バックパッカー・YHAなどを予約しておくという方法です。これはあくまでも1週間程度の一時滞在先として使う方法です。特にシェアハウスを希望されている女性の場合、実際に見学をして一緒に住むシェアメイトと会わないままで日本でシェア先を決めてしまうのは危険ですので、まずはパッパーなどに滞在しながら色々と見学をしてからシェア先を決めていくほうが安全です!




留学・ワーホリの準備は何から始めればいいですか?


まずはもちろん情報収集です。最近はネットで最新の情報もゲットすることができますので有効に活用してください。または、周りの知人、友人などで留学・ワーホリなどを経験されたという方がいれば、体験談を聞いてみるのも良い方法かと思います。(おそらく体験者の話では、「日本で高過ぎる費用を払って失敗した…」などと言う方がとても多いかと思います)注意点としては、日本で得られる情報のなかには、数年前の情報など、あまりにも古過ぎて使えない場合も多いです。常に最新情報を得るように心がけましょう! ※弊社では、常に現地から生の情報をお届けしていますので、いつでも現地ならではの情報をお届けすることが可能です。次に、「自分が将来何をしたいのか?」「海外に行った後、どうなりたいのか?」具体的にイメージしてみてください。そうすれば、まずは語学留学すべきなのか、ワーホリをするべきなのか、または大学進学を目指すべきなのか、ある程度の方向性が決まってきます。 もちろん将来のビジョンがはっきりと決まっていない方も多いかと思います。ただ、漠然としたものでもいいのである程度の方向性は定めていければ、将来に役に立つ留学・ワーホリ、失敗しない留学・ワーホリを体験することができます!このあたりは、留学経験者として、そして長年のコンサルタントとしての経験をもとに相談に乗りますので、いつでもご相談ください!




​オーストラリアで日本の携帯は使えますか?


いわゆる「国際ローミングサービス」という機能がついていれば、日本の携帯をオーストラリアでそのまま使うことは可能です。ただ、通話料金がかなり高いです・・・ですので、あくまでも観光ビザなどで短期間来られる方限定になってくるかと思います。 学生やワーキングホリデーなど長期になりますと、もちろん現地の携帯電話を持つということになります。基本は、現地で携帯をレンタル、またはプリペイドの携帯を購入、のどちらかになります。詳細は、「オーストラリア準備完全ガイド」をご確認ください! 「シムロックフリー」であれば、お使いのiPhoneなどは日本で使っているものをそのまま使い、SIMだけオーストラリアのものに交換する!ということができるようになります。ですので、SIMだけレンタルするとか、プリペイドのSIMを買って、日本で使い慣れている携帯へそのSIMを差し込んでそのまま使うということができるようになります。 弊社では現地到着後の携帯に関してもサポートを行っていますのでご安心ください。




ワーホリビザ・観光ビザの場合、保険はどうしたらいいのでしょうか?


やはり万が一のために、保険には加入しておいたほうがいいです。ワーホリ・観光の場合、留学生健康保険(OSHC)には加入できませんので、いわゆる「海外旅行傷害保険」となります。 OSHCとの一番の違いは、「損害賠償や盗難もカバーされること」そして「医療費は基本100%カバーされる」ということです。もちろんその分保険料はOSHCよりもかなり高いです。 どの保険会社がいいのか、、有名どころですとAIUや損保ジャパンなどがありますが、その他にも多数の保険会社があります。最近は、一括で保険料を比較できるサイトなどもありますので色々と比較してみればよいかと思います。 価格ドットコム: hoken.kakaku.com/insurance/travel/ 保険市場:www.hokende.com/static/abroad/ 楽天:hoken.rakuten.co.jp/travel/ もし3ヶ月以内の短期留学の場合、お使いのクレジットカードに旅行の保険が付帯されている場合があります。もちろん内容を確認する必要はありますが、カバー内容に問題なければ、カード付帯の保険でもOKだと思います。 料金と保険内容、ご自分のニーズに合ったものを選んでください!




ノートパソコンは持って行ったほうがいいのでしょうか?


ノートパソコンは、できれば持って来たほうがいいと思います。大学や専門学校へ通う予定の方の場合は、授業でもアサイメント(レポート)作りでも必要になるので絶対に持って来たほうがいいですし、ワーホリの場合でもFacebookやブログ、メールなどを頻繁にする方であればあったほうが確実に便利だと思います。 ただ、ワーホリの場合で、1年のうちラウンド(オーストラリアを周遊すること)が中心という計画なのであれば、パソコンは荷物になってしまうので不要かもしれませんね。代わりに、iPadなどで十分かもしれません。 注意点としては、やはりパソコンの盗難などには常に注意したほうがいいということです。 100%どの語学学校でも生徒用のパソコンを使うことができますし、弊社オフィスにもパソコン&無料WIFIがありますので普段からあまりネットを使わない、メールもそんなにしない、、ということであれば無理に持ってくる必要もないです! 「ご自身がどんなワーホリ生活を送る予定か?」によって、判断されるのがよいかと思います。




オーストラリア在留届の提出方法は?


現地到着後、意外と忘れがちのなのがこの在留届の提出です。3ヶ月以内の観光ビザの方は不要ですが、長期の学生ビザ、そしてワーキングホリデービザの方は必ず在留届を出す義務があります。 以前は紙ベースで記入して、領事館へ郵送またはFaxをしていましたが、現在はWeb上で簡単に提出を完了することができます。 www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/ 上記より、左側の「在留届を提出する方」を選んで申請を進めていってください、簡単です。 万が一の事件、事故、災害などの際にはこの在留届がとても重要になってきます。オーストラリアに到着したらすぐに手続きを済ませてしまいましょう!




国際運転免許証を作ったほうがいいでしょうか?


オーストラリア短期留学(観光ビザ)で車に乗りたいということであれば確実に作ったほうが良いかと思います。また、ワーキングホリデーや長期留学などで時々車に乗ることがあるかも?という場合も同じく作っておいても良いかと思います。 国際免許証と日本の免許があれば、レンタカーを借りることも可能です。 逆に言いますと、ワーキングホリデーで車を買いたい、1年以上の長期留学で基本移動手段は車という場合は現地の運転免許を取得すべきですのでわざわざ国際運転免許証を作る必要はないです。 クイーンズランド州の運転免許を取得するためには、日本の運転免許があれば書き換えは簡単です。もちろん英訳版が必要で、NAATIというオーストラリア政府公認の翻訳士による運転免許翻訳が必要です。その他、いくつかの身分証明などと共に、運輸局(Queensland Transport)へ提出、写真撮影などをして2週間ほどで免許が送付されてきます。 私個人的には、ワーキングホリデーまたは長期留学であればとりあえず身分証明として、現地の免許を取ったほうが便利なのではないかと思います。お酒を買う時、カジノへ行く時、週末にクラブへ遊びに行く時、など色々な場面で使えます。常にパスポートを所持しているのも面倒だと思います。 弊社では、NAATI翻訳士による運転免許翻訳も手配していますのでお気軽にご連絡ください。




ブリスベンの治安はどうでしょうか?


確実に言えるのは、アメリカやイギリスなどの他の英語圏と比較すれば留学生が巻き込まれるような事件、事故は圧倒的に少ないかと思います。 ここブリスベンも、大変治安はいいです。一部、気をつけなければならないエリアなどもありますし、もちろん日本と同じで、できれば女性が夜ひとりで歩くのは避けたほうがいいですが、基本的には、日本と同じと考えていただいて大丈夫かと思います。 ※ブリスベンではありませんが、近くのゴールドコーストでは「Schoolies(スクーリーズ)」と言いまして、毎年11月の数週間、高校卒業したばかりの18歳の若者が、卒業パーティーということで、シドニーやメルボルンなど、オーストラリア全土からゴールドコーストに集結しています。 18歳からお酒が飲めるということで、大変な騒ぎになります。この数週間だけは、ゴールドコーストのサファーズパラダイス周辺は近づかない方が良いです。 上記スク―リーズ以外は、本当にのんびりしていて平和な街です。
もちろんシドニーやメルボルンよりも治安は良いです!




ブリスベンでのシェアハウス相場は??


シェアハウスを探すにあたって、この「相場観」を知っておくことはとても重要です。ブリスベンの中でもエリアによっては多少の差がありますが、 1、オウンルーム(一人部屋、キッチンやバスルームは共同) 2、電気代込み ということであれば、週$150~160ほどが平均かと思います。 もちろんブリスベン中心地などであれば多少高めになってきますが、それでもシドニーやメルボルンなどに比べれば、はるかにはるかに低い家賃です。シドニーで同じ条件であれば、少なくとも1.5倍、2倍近い金額になってきます。 シェア探しの一般的な方法は、やはりWebです。下記サイトが主な情報サイトになります。 日豪プレス→ life.nichigopress.jp/ool/accommo/ (日本語のサイトなので、日本人とのシェア案件が多いです) Gumtree → www.gumtree.com.au/s-flatshare-houseshare (売ります買います、シェアハウスなど、オーストラリア最大級の情報交換サイトです。ローカルの方とのシェアになりますね。) Flatmate.com.au→ flatmates.com.au/gold-coast (こちらもローカルのシェア情報サイトです) せっかくオーストラリアに来たのですから、頑張ってローカルとシェアしましょう!英語力アップにも最適です。現地到着後のシェア探しの方法や仕事探しの方法もサポートしていますのでお気軽にご連絡ください!




ブリスベンで生活費はどのくらいかかりますか?


月の生活費は人によって大きな差があります。 皆さんの意見を集めて平均的なところですと、月に $1200~1500ほどとなっているようです。なかには、月に$1000以下でも余裕~という強者もいます! 平均的な生活費は下記の通りです。 家賃:月$600(週$150x4週間) 食費:月$300(週$75x4週間) 携帯:月$50交通費:月$100(これは人によります) 交際費:月$100~300(これも人によります) 要は、なるべく安めの家賃のところに住んで、いかに自炊をしっかりして食費を抑えられるか・・というところがポイントです。オーストラリアはとにかく外食が高いので、毎日外食ばかりしていたり、飲みに出てばかりいたら、ものすごい金額の生活費になってしまうかと思います。 だいたいの方は、アルバイトで週$300前後ほどは稼いでいるので、質素な暮らしをしていれば、現地での生活費はすべてアルバイトでカバーできることになります。生活費プラス少しずつ貯金をして、学校の授業料に回しているという方も多いです! オーストラリアでは、学生ビザでも合法的に週20時間まではアルバイトできますし、ワーホリであればフルタイム就労が可能です。 ですので、生活費を含めたトータルの留学費用という意味では、他国よりも大幅にコストを抑えることも可能です。 上記は、あくまでもゴールドコーストの場合です。シドニーやメルボルンでは物価(特に家賃)が高いですので、もう少し生活費は上がってくるかと思います。




オーストラリアの物価はどのくらいでしょうか?


10年ほど前まではオーストラリアの物価は日本と比較してずっと低く、何を買っても日本円に換算すると「安い、安い」と感じていました。しかし日本が長い不況の時代に入り、逆にオーストラリアは成長を続けていきましたので今では日本とオーストラリアの物価はほぼ同等、場合によってはオーストラリアのほうが高いものも多いです。 お米やパン、牛乳、野菜やお肉などの生活必需品の物価は安く、たばこや電化製品、文房具などは日本に比べて高いのが特徴です。特に都市部では物価が高く、シドニーやメルボルンの物価は東京と同じくらいと考えておきましょう。ただ、オーストラリアでは人件費が大変高いため、外食の費用は日本よりもかなり高めと言えます。 下記、大まかな物価例です。 白米10キロ:$15~35(品質によります) パン1斤(約20~25スライス):$2~4 牛乳2リットル:$3 キャベツ大:$2~3 人参1キロ:$1.5~ 2.5卵(特大12コ):$3.5~8 鶏むね肉1キロ:$10~ 牛ひき肉1キロ:$10~ ワイン1本:$8~ たばこ20本:$25~30 コンビニのペットボトルの水:$2~5 マクドナルドのビックマックセット:$10 パンや牛乳などはとても安いので、現地での生活費を節約するためには、きちんと自炊を続けるということが大変重要です。現地到着後、現地生活スタートのためのサポートも万全ですので、お任せください!




​ブリスベンで日本食は手に入りますか?


ブリスベンでも簡単に日本食を入手することができます。 日本食品スーパーもありますし、最近では一般のスーパーマーケットでも一部商品を置いているところがあります。 2大スーパーのWoolworthsとColesにもアジアン食品コーナーにある程度の日本食(調味料など)があります。 もちろん基本は輸入品ということで、日本で買うよりも2倍以上の値段となる場合が多いですので、できれば我慢したいところですが、どうしても日本食が食べたいという時もありますよね。そんな時は上記参考にして、日本食をゲットしてください!




ブリスベンの気候はどうでしょうか?


ブリスベンは、世界的に見てもベストの気候の街のひとつであることは間違いないと思います。 基本的に1年中温暖で、夏は日本ほど暑くはなく、冬も日本ほど寒くはないです(雪は降りません)。 1年のうち、8ヶ月9ヶ月くらいはほぼ夏ですね。25-30度前後ほどの気温です。でも日本ほど湿度が高くないので、ムシムシした暑さというよりも、ジリジリと焼けるような暑さです。 6月7月が最も寒い時期ですが、日本の冬の少し前(11月くらい?)の気候で、朝晩は少々寒く、上着が必要な感じです。 オーストラリアはとても広く、日本以上に寒い地域もあれば、45度を超えるような気温のところもありますが、オーストラリアの中でもブリスベンやゴールドコーストの気候はベストです!! 1点注意点としては、紫外線が日本の約7倍と言われていてとても強烈です。ですので、焼きたくない方は毎日日焼け止めを忘れずにつけるようにしてください!




サーティファイドコピー(Certified Copy)とは何ですか?


日本ではあまり聞き慣れない言葉ですが、サーティファイドコピーというのは、「原本と同じ内容であると認証されたコピー書類」ということになります。 例えばビザ申請の際や、オーストラリアで結婚をする際の書類、幼稚園や病院で働く際にQLD州で必要になるブルーカード申請のための必要書類などに、このサーティファイドコピーが必要になってくる場合があります。 最も多いケースが、身分証明として、パスポートのコピーを認証コピーにしてもらうというケースです。 誰が認証するのか?と言いますと、いわゆるJP(Justice of the Peace)と呼ばれている「公証人」の資格を持った方が原本とそのコピーを見比べて内容が同一と確認できれば、正式な印鑑とサインをしてくれまして、それがサーティファイドコピーとして、「原本と同様の効力を持つ書類」ということになります。 JP以外にも、弁護士や警察官、その他公務員などであれば、サーティファイドコピーを作成することが可能です。弊社オフィスから徒歩数分のところに裁判所がありまして、平日はJPが常駐しておりますので簡単にサーティファイドコピーをもらうことが可能です。また、ショッピングセンターなどにも定期的にJPの方が来てくれますので、サインをもらうことができます。 JPからサーティファイドコピーをもらうのは完全に無料です。ちなみに日本ではJPがいませんので、サーティファイドコピーをもらうのに大変苦労します。オーストラリア大使館で有料でサーティファイドコピーを発行してくれますが、地方に住む方はなかなか大使館へ足を運ぶのは大変です。一部、弁護士さんや行政書士さんでサーティファイしてくれるような方もいらっしゃるようですが、結構高額になるようです。 弊社では単に留学手続きだけではなく、現地での生活で必要な情報も提供しておりますので、何でもご相談ください。




ファンデーションコースとは何ですか?


ファンデーションコースとは、基本的に大学進学を目的とした「進学準備コース」です。よく皆さん「EAP(進学準備英語コース)」と混同されてしまうことが多いのですが、全く別のコースになります。 ファンデーションコースは、「学歴条件」を満たしていない場合に、その条件を満たすために通うコースで、通常は8ヶ月~1年ほどです。 通常はIELTS5.5などの入学条件があり、大学進学に必要な基礎科目(例えば理系大学へ進学する場合、物理や化学など)を学びながら、進学後に必要となるレポート作成やプレゼンの方法などのスキルも学んでいくコースになります。(英語を勉強するわけではありません) これに対してEAP(進学準備英語コース)は、「英語条件」を満たしていない場合に通うコースで、英語コースのひとつになります。こちらも、大学進学後に必要な様々なスキルを学びながらも基本的には英語を勉強してきます。期間はその方のレベル次第ですが10週~40週ほどの間です。 一般的には、高校卒業の方が大学進学前にファンデーションコースへ進学するというケースが多く、例えば「一般英語コース⇒EAP(進学準備英語コース)⇒ファンデーションコース⇒大学進学」という流れになります。 日本の大学もいいですが、オーストラリアで真剣に勉強して、本物の英語力、そして国際感覚を身につけたいという方もここ最近とても増えています。




OSHCとは何ですか?


学生ビザでの留学プランを立てていると必ず出てくるのは、「OSHC」というものでOverseas Student Health Coverの略、いわゆる「留学生健康保険」です。これは、オーストラリア政府が留学生用に特別に提供しているある意味特別な保険で、カバー内容が充実しているわりに、非常に低い保険料に抑えられています。 現在は5社ほどの大手保険会社がこのOSHCを扱っていて、多少保険料は違いますが、おおまかに言えば1ヵ月$40~50前後、1年450~550ドルほどが平均的な料金となります。配偶者が学生ビザに含まれる場合は、保険料も2倍になります。このOSHCは、いわゆる強制保険になりまして、学生ビザ申請者は必ず加入しなければなりません。通常は、通う予定の学校へ保険のアレンジを依頼して、学費と一緒にOSHC料金も学校へ支払うというパターンが多いです。 一般的な病気や怪我はすべてカバーされますが、治療内容により一部の費用が自己負担となります。100%カバーされる場合もありますし、2,3割が自己負担となるようなケースもあります。 注意点としては、観光ビザやワーホリビザの方が日本で加入する「海外旅行傷害保険」とは違い、盗難や賠償などはカバーされません。もちろんその分、保険料は大幅に低くなりますね。 最後に、、OSHCでは基本、歯はカバーされませんので、出発前の大切な準備のひとつとして、たとえ虫歯がないとしても、しっかりと日本で歯科へ行ってもらいチェックやクリーニングをしてもらうことを忘れないでください!




語学学校の選び方は?


よく「良い学校はどこですか?」とか「オススメの学校は?」という質問をいただきますが、これは正直お答えするのがとても難しい質問です。なぜなら、「Aさんにとってはとても良い学校でも、Bさんにとってはあまり良くない学校」ということがあり得るからです。 つまり、その方その方の目的や趣向によって、ベストの学校は変ってくるということです。そういう意味では、「良い学校悪い学校」は一概に言えませんが、「合う学校、合わない学校」というものは必ずあります。 学校選びをしていくうえで下記2点がポイントになります。 1. 目的、将来のプランを決める「英語を勉強した後にどうしたいか?」ということです。例えば、旅行で使える程度の英会話力がほしいとか、日常会話は何とかできるようになりたいとか、オーストラリアで大学進学が目的とか、帰国後にビジネスで使えれるレベルになりたい・・とかです。その目標によって、選ぶべき語学学校が絞られてきます。 2. 重視したいポイントを決める(優先順位をつける)「この条件は外せない!」というポイントを決めるということです。例えば、少々厳しくてもしっかり勉強できるところとか、日本人が少ないところとか、学費重視とか、アクティビティーが多いとか、進学のために提携のカレッジ・大学が多いところとか、立地的に便利なところ、海の近くとか、、とにかく何でもいいです。このポイントがしっかりしていれば、さらに選択肢が絞られてきて「自分に合った学校」というものが見つかるかと思います。 上記を教えていただければ、こちらで最適な学校の候補をご紹介することができます。語学学校選びで悩んでいる方は、上記を参考にいつでもご相談ください!




英語コースのひとつ、EAPとは何ですか?


EAPとは、English for Academic Purposesの略で、簡単に言いますと、「進学準備英語コース」のことです。EAPは、大学や専門学校入学のための「英語条件」を満たしていない場合に通うコースで、英語コースのひとつになります。期間はその方のレベル次第ですが10週~40週ほどの間です。 一般英語コースで中上級レベルまで上がることができると、このEAPへ進学することができます。専門学校や大学、大学院へ進学を予定している方のためのコースで、大学へ進学した後に困らないように、ノートの取り方からレポート提出の方法、プレゼンテーションの方法など、進学後に役に立つスキルを学びます。 コース、学部によりますが、このEAPを所定の成績で卒業することにより、IELTSやTOEFLなどのスコア無しでもダイレクトに専門学校や大学、大学院への進学が可能となります。一般英語コースよりもグッと難易度は上がりますが、進学した後に必ず役に立つ実践的な英語コースです。 専門学校や大学を目指して、現在TOEFLやIELTS対策を頑張っている方は、EAP経由で試験のスコア無しでダイレクト進学を目指すのも、とても効率の良い方法と言えますので、是非一度ご相談ください!




オーストラリア大学進学のための英語力はどのくらいでしょうか?


オーストラリアの大学へ進学するための一般的な英語条件は下記の通りです。 ・ビジネス系学部(マーケティング、ファイナンス、会計、旅行学、ホスピタリティーなど) ・IT系、エンジニア系学部 ・その他、一般的な文系学部 ⇒IELTS平均6.5(各セクション6.0以上)(※まれに、6.0でもOKな大学もあります) <例外①:看護学部その他医療系学部> ⇒IELTS平均7.0(各セクション7.0以上、または6.5以上)(※まれに、6.0でもOKな大学もあります) <例外②:教育学部> ⇒IELTS平均7.5(各セクション7.0以上)(※まれに、7.0でもOKな大学もあります) 上記はあくまでも一般的な目安です。大学により英語条件は異なります。 一般的には、「Group of 8」と呼ばれる一流8大学に関しては必要なスコアが高めの傾向があり、逆に地方大学では必要なIELTSスコアは低めに設定されている傾向があります。 もちろんIELTSではなく、TOEFL ibtのスコアを使うことも可能です。IELTSスコアとTOEFLスコアの換算に関しては各大学基準が微妙に違いますので、もしTOEFL ibtで英語条件クリアを狙っていきたいという方はお気軽にお問い合わせください。




専門学校進学のための英語力はどのくらいでしょうか?


TAFE(公立の職業訓練校)や私立の専門学校では、ほとんどの場合、進学のための英語基準は、IELTS5.5(各セクション最低5.0以上)となっています。例外としては、看護師コース(Nursing)や、歯科技工士コース(Dental Technology)に関しては、IELTS6.0または6.5が必要になってくることが多いです。 ただ、どの場合でも、TAFEや専門学校付属の語学学校にてEAP(進学準備英語コース)やEAP Nursing(看護英語コース)を所定の成績でクリアすれば、IELTSスコアが無くてもダイレクトに専門コースへ進学が可能となります。日本にいる間も、できるかぎり英語の準備を続けていき、IELTSにも挑戦して、なるべく英語コース期間を短くすることができれば、その分学費も節約できることになりますので毎日コツコツと英語の勉強を継続することが大切です。




​オーストラリアで有効なアルバイトの探し方は?


一般的に、日本人のワーホリや学生がアルバイトを探すとき、 ①求人サイトなどの求人情報を常にチェック ②良さそうな求人が出たらすぐに応募 ③先方からの連絡待ち… というパターンがほとんどではないでしょうか。。 もちろん上記の方法もありですが、ベストなのは、「求人情報が出る前に仕事をゲットする」ということです。 つまり、 ・募集が出ていなくとも、どんどん積極的にアプローチして履歴書を配っていく。 ・語学学校などで出来る限りネットワークを広げて、友達が働いている職場などで欠員が出そうであれば、募集が出る前に紹介してもらう。 ということです。 ネットなどで募集が出れば、たくさんの方が一気に応募するので、その段階で競争率もかなり高くなってしまいますが、募集が出る前にアプローチできれば、採用の可能性もぐっと高くなります! 南米やヨーロッパ、中国や韓国からの学生は、本当に積極的に動くので、日本人よりも仕事を早くゲットしてしまう傾向があります。(もちろん英語力などの差もありますが) とにかく、「待ちの姿勢」ではなく、「攻めの姿勢」が大切です。弊社では、サポートの一環として、仕事の探し方などもより詳細をお伝えしていますので、ワーホリや留学をお考えの方は、お気軽にご連絡ください!




オーストラリアのアルバイトの時給はどのくらいでしょうか?


まずはオーストラリアでの最低時給はいくらか?と言いますと、現在はなんと約$18!!単純に1ドル100円とすると、時給およそ1800円となります。 それに比べて日本は…と思ってしまうかもしれませんが、もちろん物価も日本と同じか若干高いですので、その時給も納得です。 ただし、1点注意点があります。一部のアジア系レストラン、日本食レストランなどでは、時給がとても悪かったりします・・・英語力がなく、しかも英語学校に行くお金もなく、、となると仕方なく安い時給で働く。。。ということになってしまいます。 採用される可能性を上げるためにも、より広い選択肢を持つためにも、そしてより高い時給をもらえるように、最初はきっちりと英語を勉強して準備をしていくことがとても重要です。きちんと良いアルバイトにつければ、場合によっては日本で働くよりも何倍も稼いで、たっぷり貯金をして日本に帰るような方もいます! 成功する留学やワーキングホリデーと失敗する留学やワーホリ、最初の一歩が肝心です!




​オーストラリア就職のためのポイントは何ですか?


オーストラリアで現地就職するためのポイントとしては下記3つです。 ①過去の経験(日本も同じかもしれませんが)オーストラリアは基本的に経験重視ですので、過去の経験スキルをアピールできる仕事を見つけること。逆に言えば、経験がない場合は、自分が将来目指す仕事の経験を今積んでおくということも大切です。 ②就労可能なビザ(極力、永住ビザが望ましい)卒業生ビザ、永住権など、フルタイムで就労可能なビザを持つこと。または、学生ビザで大学や専門学校在学中にアルバイトでもいいのである程度の長期間働いて、ビジネスビザなどのスポンサーになってくれる企業を探す、という方も多いです。(ただ、正直簡単な道ではありません。。) ③上級英語力これがあればあるほど、選択肢は広がりますし、面接を通過できる可能性も高くなります。 上記当たり前のことかもしれませんが、日本の留学エージェントなどでは、ビザの知識などがない場合が多く、「取りあえず英語だけ頑張れば何とかなるよ」とか「現地に行けば簡単に就労ビザのスポンサーが見つかるよ」とか、現地の状況を把握していないアドバイスも多いようです。 アメリカやイギリスに比べれば、オーストラリアは「海外就職」の可能性は高いですが、それでも決して簡単ではありません。綿密な計画を立て、やるべきことをやる必要があります。弊社スタッフは皆、オーストラリア就職、オーストラリア永住権取得を経験していますので、実体験を含めてアドバイスいたします!




オーストラリアで長期就職の可能性は?


ここ最近、「海外就職」をお考えの方は大変増えています。そして、アメリカやイギリスなど、英語圏の国と比較しますと、オーストラリアは最も海外就職の可能性が高い国のひとつと言えます。 日本人が海外で仕事をする、長期的に生活をするためには必ず「長期滞在可能なビザ」が必要となりますが、特にアメリカなどの場合は、アメリカやイギリスの大学卒業者に長期就職可能なビザ取得はほぼ絶望的な状況ということで、アメリカやイギリスの大学在学中の学生からも「オーストラリアの大学へ編入して、卒業後に現地就職したい!」というお問い合わせをいただいています。 オーストラリアの場合は、年々厳しくなりつつも永住権取得の可能性はまだまだありますし、オーストラリア大学卒業者の場合は、2年間の「卒業生ビザ」取得の可能性もあり、その後の就職に結びつけやすい環境が揃っています! 詳しくは下記をご確認ください。 オーストラリア就職を目指した留学 弊社スタッフもオーストラリア留学後に現地就職、永住権取得を実現していますし、過去のお客様も多数現地での就職の夢を叶えています。現地の就職事情にも精通しておりますので、本気でオーストラリア就職を目指したいと真剣にお考えの方は、まずはお気軽にご相談ください!!




ブリスベンでアルバイトは見つかりますか?


もちろんご本人の能力、経験、英語力次第という部分も大きいので、なかなか即答するのが難しい質問ですが、「選ばなければ、すぐに見つかる可能性は高い」です。例えば、時給や仕事内容など本当に何でも良いのであれば、仕事を探すのはそれほど難しいことではないです。 しかし、「接客業は嫌だ、オフィスワーク限定」とか、「100%英語環境で時給$20以上」となると、なかなか希望の仕事を見つけるのは難しいでしょう。また、当然ですが、英語力が高ければ高いほど、仕事探しの選択肢が広くなりますし、面接の成功率は上がりますし、高い時給の仕事を見つけられる可能性も高くなってきます。 ですので、ワーホリでも語学留学でも、最初はしっかりと英語を勉強していくということは、とても大切ということになります。よく、「英語は全くできないけど、英語環境の職場で仕事をしながら英語を上達させたい」という方がいます。もちろんもしそれができれば、英語を勉強しながらお給料ももらえてしまうので、本当に理想的ですね。 しかし、現実的には、「100%英語環境の職場に英語ができないままでは採用されない(面接に合格しない)」というケースがほとんどです。計画的に英語の勉強⇒仕事探し⇒アルバイトができるように、無理のないプランを立てて進めていくことが重要です。 弊社スタッフは全員オーストラリア在住10年以上ですので、地元ならではの人脈もたくさん持っていますので、リアルな現地お仕事情報もたくさん持っていますので、お仕事探しもサポートしています!




​タックスファイルナンバーとは何ですか?


タックスファイルナンバー(Tax File Number-TFN)は、いわゆる「納税者番号」のことで、オーストラリアで仕事をしていく上では必ず必要な番号になります。アルバイトを始める際には、必ず雇用主へこのタックスファイルナンバーを伝えなければなりません。 この番号を使って税金の支払いが行われますので、1年に一度「タックスリターン」の際には、支払い過ぎていた税金の払い戻しを受けることができます。このTax File Numberは基本的には一度だけ取得できるものなので、もしオーストラリアに永住することになった場合でも一生ずっと同じ番号を使っていくことになります。 そういう意味ではとても大切な番号です。タックスファイルナンバーはWeb上で申請が可能です。料金は特に発生しません。申請から発行までは通常2週間~4週間ほどになります。このタックスファイルナンバーは、残念ながら日本滞在中には申請することができませんし、観光ビザ保持の場合でも申請することはできません。必ず学生ビザまたはワーキングホリデービザなどの「就労可能なビザ」を持っていなければなりません。(非常に優秀なシステムで、パスポート番号を入力すると、日本滞在の場合や観光ビザを持っている場合は申請を受け付けてもらえません) 弊社では現地到着後のサポートとして、このTax File Number申請を無料で行っています。きちんと住所が確定していない段階でも、弊社オフィスのアドレスを使いますので問題なく申請が可能です!その他、到着後に必要なサポートはすべてきっちり行いますのでご安心ください。




オーストラリアでは学生ビザでもアルバイト可能でしょうか?


オーストラリアで留学するメリットの一つが、「学生ビザでも合法的に働くことができる」ということです。アメリカなど他の英語圏諸国では合法的に働くことができなかったりしますが、オーストラリアの場合は可能です。 ほとんどの学生は、現地での生活費、家賃、食費などをすべてアルバイトでカバーしていますので、日本で用意すべき資金も大幅に少なくなってきます。生活費だけではなく、学費を少しずつ貯金している方も多いですし、学校卒業後に旅行をするための費用を貯金している方も多いです。 正確に言いますと、「2週間で40時間まで」就労が可能で、学校のホリデー中はフルタイムで就労が可能です。ちなみに、学生ビザの配偶者は、ホリデー期間関係なく、常に2週間で40時間まで働くことができます。 そして、もし学生ビザの主申請者がMaster以上のコースに通っているという場合は、その配偶者はフルタイムで就労が可能です。 アルバイトで英語力をさらにアップさせるだけではなく、海外で働くという大変貴重な体験をすることができます! 仕事探しなどもサポートしていますのでお任せください!




​オーストラリアでローカルのカフェ、レストランで働きたいのですがどうすればいいでしょうか?


第一にローカルのお店で働くためには「英語でお客様との意思の疎通ができなければならない」ということです。店のスタッフ同志であれば、少々英語がわからないことがあっても聞き直せばよいですが、お客さんからの注文に対して何度も聞いていたら、お客さんからのクレームに繋がってしまうかもしれません。 また、単にオーダーを取ればいいわけではなく、こちらのカフェやレストランでは、お客様と楽しく雑談をしたり、オススメ料理などを細かく説明したり…ということも当たり前に行われていますので、それだけ英語力が必要ということになります。 ですので、まずは、、 ①英語力を高めること 英語職場で働きながら、英語力をアップできれば理想なのですが、現実はそう甘くありません。英語がある一定のレベルに達していてはじめて、ローカルのお店で働くチャンスがでてくるのです。英語力がないと、いくらスキルがあっても、面接の時点で落とされてしまいます。 次に必要なのは、 ②スキル スキルについては、もし日本でカフェで働いた経験があったり、飲食店での経験があれば有利になります。でも経験がなくとも、バリスタコースを開講している学校もありますし、数日間でコーヒーの淹れ方などを短期集中で教えてくれるところもあります。また、例えば自分が良くいくお気に入りのカフェの人にお願いし、そこでインターン生として受け入れてもらい数週間トレーニングを積んで、バリスタとして必要なスキルやカフェでよく使われる英語を学んだという方もいます。 ローカルのカフェやレストランでは、ほとんどのお店できちんと最低賃金(2015年8月現在で$17ほど)を守っていますので、英語力があればあるほど、高収入を得ることができるということになります。(逆に、英語力が低くてもできるような日本食レストランなどでは、時給$10前後というところも多いです) 一度ローカルのお店で働く経験を積むことができれば、次にアルバイトを探す時もとても有利になります。そして、英語環境ですのでますます自分の英語力をアップさせることもできます! 弊社では現地到着後にアルバイトの探し方なども細かく指導していますのでお任せください!!




ワーホリビザの申請料金は?


ワーホリビザの申請料金は2015年7月現在で$440(日本円でおおよそ4万円ほど)となっています。セカンドワーホリの申請料も同じです。 一昔前と比べるとかなり申請料金は上がりましたね。特に2013年7月の料金改定では大幅に上がりました。 お支払いは基本的にクレジットカードのみです。オンラインビザ申請の一番最後に、パソコン上でカード詳細を入力する形になります。 弊社ではワーホリビザ申請サポートも無料で行っていますのでお任せください!




ワーキングホリデービザはいつ頃申請すればいいでしょうか?


オーストラリアのワーキングホリデービザ申請は正直とても簡単です。英語での申請になるので心配になる方も多いかと思いますが、実際はそれほど難しいものではないです。 申請のタイミングとしては、オーストラリア入国予定の1か月ほど前に申請すれば確実かと思います。通常はビザ申請から数日後には、ビザ認可メールが届きます。 「ワーホリビザを早めに取っておく」ということでもいいです。ワーホリビザは取得してから1年間有効ですので、取得日から1年以内にオーストラリアへ入国すればOKです。(入国した日から1年間有効です) ただ、例えば「急に仕事の都合で出発が1年延びた・・」ということになった場合、早めにビザを取っておくとそのビザが使えない…ということになってしまいます。その点は注意が必要です。 ですので、安全策としては、確実にワーホリスタートが決まって出発予定も近づいてきてから申請したほうがベターです。無事にワーホリビザを取得できたら、航空券の手配です。 弊社で学校手配などをされた方は、無料でワーホリビザ申請のサポートを行っておりますので、是非利用されてください!




​オーストラリア学生ビザの申請料金は?


年々、学生ビザの申請料金は上がっています。2018年1月現在、学生ビザの申請料金は$560です。 そして、もし学生ビザ申請にそのご家族が含まれる場合、パートナーの方は$420、そして18歳未満のお子様はお一人につき$140となっています。ですので、例えばお子様ひとりのご家族の場合は、$560+$420+$140=$1,120となります。 また、下記2つの質問にもし両方ともYESだった場合、通常のビザ申請料金$560に加えて$700の延長料金が発生しまして、合計$1260となります。 ・今持っているビザはオーストラリア国内で申請したもの? ・これから申請する学生ビザはオーストラリア国内で申請する? 例えば、、「オーストラリアで申請したセカンドワーホリビザを持っていて、オーストラリア国内で学生ビザを申請する場合」⇒プラス$700が発生して、学生ビザ申請料金は$1260「日本で申請した学生ビザを持っていて、オーストラリア国内で学生ビザを申請する場合」⇒プラス$700は発生せず、学生ビザ申請料金は$560場合によっては、一度日本に戻って日本で学生ビザを申請したほうが良いかもしれません。(もちろん往復の航空券代は発生してしまいます) このあたりは、どのようなプランにするのがベストなのか一番お得な方法をご案内しますのでお気軽にお問い合わせください!




オーストラリアの観光ビザ(ETAS)はどうやって取ればいいのでしょうか?


まず、ETASとは Electronic Travel Authority System (電子渡航許可)の略で、ETAともよばれています。 オーストラリアに入国するには、パスポートとビザ(査証)またはETAS(電子渡航許可)が必要です。一般の観光旅行では、通常このイータスを取得することになります。イータスでは、最長3ヶ月のオーストラリア滞在が認められています。 さて、このイータスの取得方法ですが、オーストラリア政府のサイトにてオンライン申請が可能です。申請料金は$20となっています。 www.eta.immi.gov.au/ETA/etas.jsp しかし、ビザ申請代行業者などで、さらに安く申請を代行してくれるようなところもあります! ビューグラント 代行料500円〜 shop.viewgrant.com/ JAL ABC 代行料$850円〜 www.jalabc.com/feature/etas01.html ※なお、旅行代理店などで航空券を手配される場合は、ETASもセットで手配してくれるかと思います。 ちなみに、万が一イータスの手続きを忘れてしまった場合、空港でチェックインをする際に「ビザが無いです・・」と言われてしまいますでも、空港内で緊急ETAS発行も可能ですので問題ないです(ただ、その場合の料金は3000円以上かかってしまうようです)。 ワーキングホリデーや学生ビザではなく、観光でオーストラリアへ来られる際は、注意してください!




オーストラリア国内でワーホリビザから観光ビザへ切り替えることは可能でしょうか?


残念ながら、オーストラリア国内でワーホリから観光ビザへの切り替えはできません。ワーキングホリデーの場合は、一度Aus国外に出て、ワーホリビザが切れてから観光ビザ(ETA)を取得してオーストラリアへ戻るということになります。 しかし、そのケースの場合皆さんニュージーランドへ向かうケースが多いので、NZ側もAusからの入国者に対して自国へ帰るチケット(つまり日本行きのチケット)提示を求めるなど、厳しい対応をしているようですので注意が必要です。 また、ワーホリビザが切れてすぐに観光ビザでオーストラリアへ戻ってくるという場合、入国審査の際に、「この人は観光ビザで不法就労するつもりか?」と疑われてしまうケースも実際にあるようです。 ちなみに、学生ビザ→観光ビザは、オーストラリア国内でも申請が可能です。ビザ申請までしっかりサポートいたしますので、何でもお気軽にご相談ください!




​卒業生ビザとは何ですか?


オーストラリアで留学をして、一定の条件を満たすことにより卒業後、1.5年~最長4年の卒業生ビザを申請できる可能性があります。 法改正のたびに正式名称が変わっていますが、現在のところ「Temporart Graduate Visa」という名前です。 このビザを取得すれば、卒業後その学位やスキルを生かしてフルタイムで就労が可能となります。これは、オーストラリアで留学をする大きな魅力のひとつです。Aus大学卒業後、現地にて英語環境で数年職歴を積んで日本へ帰国するという方も増えています。単に英語を勉強するだけではなく、実際に英語で仕事をした経験というのは大きな自信になります。 また、卒業生ビザの間に働いていた職場で実績が認められてそのままビジネスビザ→永住権とつながり、オーストラリア就職、移住をされるという方も多いです。 この卒業生ビザには、旧卒業生ビザ(Graduate Work Stream)と新卒業生ビザ(Post-Study Work Stream)の2種類がありまして、それぞれ条件が変わってきます。 <Post-Study Work Stream (新卒業生ビザ)通常24か月のビザ> ・50歳未満であること ・有効なビザを持ってオーストラリア国内に滞在していること ・オーストラリアで2年以上留学し、Bachelor(学士号)以上の学位を取得してから6ヶ月以内であること(学部、専攻は問わず) ・IELTS平均6.0以上(各セクション5.0以上) ※2015年4月に変更となりました。 <Graduate Work Stream(旧卒業生ビザ)18か月のビザ> ・50歳未満であること ・有効なビザを持ってオーストラリア国内に滞在していること ・SOL(職業のリスト)に載っている職種の勉強をオーストラリア国内で2年以上して、必要な資格(学位)を取得してから6ヶ月以内であること ・自分の申請職種に関連した技術査定機関からの認可を得ていること ・IELTS平均6.0以上(各セクション5.0以上) ※2015年4月に変更となりました。 つまり、Post-Study Work Streamは学部問わずにオーストラリアで大卒以上、Graduate Work Streamは、SOL職種であれば専門学校やTAFEでも申請の可能性がある、ということになります。 どちらも2年以上の就学とIELTSの全セクション6.0以上は必修です。(アカデミック、ジェネラル、どちらの試験でもOKです。) ※上記の情報は、オーストラリア政府移民省のホームページを要約したものです。www.border.gov.au/Trav/Visa-1/485- 卒業生ビザの可能性査定や実際の手続きに関しましては、提携の移民コンサルタントをご紹介することが可能です。「現地就職」を視野に入れて、真剣に留学をお考えの方は お気軽にご相談ください。




​オーストラリア英語はやはりなまっているのでしょうか?


これははっきり言って、「どの英語を基準にするのか?」によって大きく変わってくるかと思います。 日本では「アメリカ英語」を基準にしているところが多いので、アメリカ英語と比較すればやはりアクセントは多少違いますし、オーストラリア特有の表現も多いです。しかし、「英語」はイギリスの王室で話すクイーンイングリッシュが基準であるはずですので、そのイギリス英語と比較すればオーストラリア英語は全くなまっていないです!オーストラリア英語よりも、むしろアメリカ英語のなまりのほうがはるかに強いかと思います。 イギリス英語に近く、一つ一つの単語を比較的はっきりと発音するので聞きやすいという特徴もありますし、テレビなどでは普通にアメリカの番組がたくさん放送されていますのでアメリカ英語でももちろん何の問題もありません。 また、オーストラリアは移民の国ですので、インド訛りの英語をはじめ色々な国のアクセントでの英語にも触れることができます。そういう意味では、アメリカ英語でもなく、イギリス英語でもなく、世界どこでも通用する「世界基準の英語が勉強できる国」がオーストラリアなのかもしれません!




IELTS(アイエルツ)とはどんな英語試験ですか?


IELTS(アイエルツ)というのは、イギリス発の英語試験で、オーストラリアでは専門学校や大学進学の際の英語力証明として最も有名な試験です。もちろんTOEFLのスコアも使うことができるところが多いですが逆にTOEICや英検などはほとんど使えません。 IELTSは、Academic ModuleとGeneral Moduleに分かれていて、大学や専門学校進学のためにはアカデミック試験のほうを受験する必要があります。逆に、オーストラリアでビザを申請する際に、英語証明としてIELTSのスコアが求められる場合はジェネラル試験のほうでもOKです。 試験は4科目、読む、話す、書く、聴く、です。 SpeakingとListeningの試験は、アカデミックでもジェネラルでも試験内容は全く同じです。WritingとReadingの試験は、アカデミックモジュールのほうが内容が「アカデミック」になるので難しいです。スコアは最高点が9、0.5ポイント刻みとなっています。 一般的に、専門学校の入学英語基準は5.5、大学の進学基準は6.0または6.5となっています。(一部の学部では7.0基準の場合もあり) 独特の試験方式に慣れることも大切です。まずは下記参考にしてみてください。 ■IELTSホームページ www.ielts.org/ ■日本英語検定協会 www.eiken.or.jp/ielts/ ※日本では現在、英検の協会がIELTSを運営しています。 ■ブリティッシュカウンシルの無料トレーニング www.britishcouncil.jp/exam/ielts/resources/free-practice SpeakingやWritingの対策はどうしても独学では限界がありますので、IELTS対策コースに短期集中で通うのも効果的です。オーストラリアの語学学校では、ほぼ100%どこの学校でもIELTS対策コースを開講しています。ただ、そのクオリティー(特に講師の質)には差がありますので、そのあたりは是非ご相談ください!




日本で英語の準備をお金をかけずにするにはどうしたらいいのでしょうか?


なるべくお金をかけずに(貯金はオーストラリアへの留学・ワーキングホリデーの資金にまわせるように)英語の勉強を独学でしていく方法として、下記のような方法があります。 ●IELTS(アイエルツ)の対策 www.ielts.org/ www.eiken.or.jp/ielts/ www.britishcouncil.jp/exam/ielts/resources/free-practice ※オーストラリアで大学、専門学校へ入学する為に必要な英語スコアはIELTSが中心(またはTOEFL ibt)となっています。 ●NHKニュースで英会話 cgi2.nhk.or.jp/e-news/index.cgi NHKニュース動画はもちろん、その英文と和訳の確認ができ、さらに音声付き「キーワード」「ボキャブラリー」のリストも提供されています。政治・経済ニュースから社会・文化ニュースまで幅広いジャンルの話題を扱います。 ●Podcast(ポッドキャスト)Podcastの番組は、1つが2分~5分。長くて20分や30分の番組もあるので、通学や通勤時間、就寝前を利用して。 ●日本の英字新聞・英語メディア ■Japan Times ジャパンタイムズ ■Mainichi Daily News 毎日デイリーニュース ■Asahi: English News 朝日。ヘラルドトリビューンと提携。pop up英和ニュースあり ■週刊 ST 英語学習におすすめ 日本語の注釈付きで英文記事が読める。一部リスニングも ■NHK World NHKの英語ニュース放送。映像と原稿も読めるので便利 通勤時間など、時間をうまく使って英語を勉強していく方法はたくさんあります!少しでも英語に慣れた状態でゴールドコーストに来て、少しでも上のクラスから英語コースをスタートで切れば、より良いアルバイトを見つけられる可能性も上がりますし、帰国後の就職にも大きな武器になります!





ブリスベン留学ドットコム
ブリスベン留学ドットコム
ブリスベン留学ドットコム
ブリスベン留学ドットコム
ブリスベン留学ドットコム
ブリスベン留学ドットコム
ブリスベン留学ドットコム
ブリスベン留学