ブリスベン留学ドットコム

看護留学

看護留学について

オーストラリアは、日本と同様に国民の平均寿命が大変長く、今後高齢化がますます進んでいくと言われています。そして、日本と同様にオーストラリアは医療・福祉先進国のひとつということもあり、ここ最近オーストラリアで看護学を学ぶという方が大変増えております。日本国内でも、外国人旅行者、外国人居住者が急増している状況で、2020年の東京オリンピックに向けて、「英語が話せる看護師」の需要は大幅に増えることは間違いありません。また、オーストラリア就職、海外就職を目指す方にとっても、看護師というのは大変やりがいのある、そして安定性のある仕事のひとつですし、オーストラリア看護大学を卒業することにより永住権申請の可能性もあります。

現在すでに日本で看護師(またはその他の医療系職種)に就かれている方も、これから看護師などを目指している方も、是非オーストラリアで留学をして、「世界で通用する看護師」を目指しましょう!!

 

※看護師だけではなく、その他の医療系職種(薬剤師、理学療法士、作業療法士、放射線技師、臨床検査技師、カイロプラクターなど)も、看護師と同様にオーストラリア就職または世界で活躍できるチャンスがあります。医療系職種にご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください!

オーストラリア大学・大学院の特徴

  1. 実践的な医療英語を学ぶことができる

  2. オーストラリアで世界基準の医療現場を体験できる

  3. オーストラリアの正看護師資格を得ることにより、他の国で看護師として活躍できるチャンス

  4. オーストラリアの正看護師資格を得ることにより、オーストラリアで看護師として活躍できるチャンス

  5. オーストラリアの正看護師資格を得ることにより、「オーストラリア永住権申請」の可能性!

「オーストラリア正看護師資格取得=オーストラリアで看護師として働ける」ではありません!!

日本の一部の留学エージェントでは、「オーストラリア看護師資格を取る=看護師としてオーストラリアで就職できる」「オーストラリアで大学進学しなくてもオーストラリアで看護師になれる」と安易にうたっているところもあるようで、実際に現地で問題になっているケースもあります。確かにオーストラリアで大学進学しなくとも、オーストラリア看護師登録は可能ですが、実際にオーストラリア就職を考えた場合は、オーストラリアにて看護学部進学が王道です。

 

実際のところ、オーストラリアで正看護師として働くためには、

 

  • オーストラリア正看護師資格

  • 就労可能なビザ(基本、永住ビザ)

  • 上級英語力(IELTS7.0以上)

 

が最低限必要です。それに加えて、

 

  • 過去の看護師経験(日本での経験含む)

  • 大学卒業学位(オーストラリアの看護師は100%大卒です)

 

があれば、望ましいです。

 

※2015年7月1日より看護師登録のための英語要件が緩和されました。IELTS7.0(全セクション)は変わりませんが、半年以内で2つのIELTS結果を合算できるようになっています。

 

看護師に限らず、外国人がオーストラリアで合法的に仕事をするためには、どうしても「就労可能なビザ」が必要になります。(当然ですが、「ビザ無し」で不法就労することはできません)病院などの医療機関が、ビジネスビザ(長期就労ビザ)などのスポンサーになってくれるというケースは実際には稀で、看護師募集の際には、「オーストラリア市民権または永住権保持者に限る」という条件付きの募集がほとんどなのが現状です。ですので、もし真剣に「オーストラリアで看護師として働きたい」と考えるのであれば、オーストラリア看護師資格だけではなく、就労可能なビザ取得も同時に考える必要があります。

オーストラリア正看護師資格(RN)取得コース

真剣にオーストラリアの正看護師(Registered Nurse)資格取得を目指すコースです。日本の正看護師資格保持者の場合と、看護師資格をお持ちでない方の場合で、アプローチの方法は大きく変わってきます。下記の3つの方法がありますが、どの方法でも、看護登録のためには、英語条件としてIELTSアカデミック試験で全セクション7.0以上(またはOET試験にて全セクションB以上)の証明を看護協会へ提出する必要があります。

 

「OET(医療英語試験)対策コース→オーストラリア看護師登録

日本で看護大学卒業者(3年間の看護学校ではなく)で、看護師職歴を最低1年以上お持ちであれば、OETという試験にてB以上のレベルをクリアすることによって、オーストラリアの正看護師として登録の可能性があります。

 

対象:

  • 日本で4年制看護大学卒業者

  • 日本の正看護師資格保持者で、資格取得から10年以内の方

  • 看護師職歴を1年以上お持ちの方

  • オーストラリア正看護師資格取得後に、オーストラリア就職にこだわらず、他国での就職も視野に入れることができる方

 

※冒頭でお伝えしました通り、オーストラリアの正看護師登録をしたとしても、就労可能なビザがなければオーストラリアで働くことができません。ですので、このパターンの場合は、オーストラリア就職という意味ではリスクが高く、他国での就職も視野に入れることができる方に向いています。

 

プラン例:

一般英語コース24週→OET対策コース24週→(OET試験をパスして)オーストラリア看護登録

 

※OETのB以上をクリアするというのは、IELTS7.0レベル、TOEFL ibtですと100近くのレベルになりますので、長期的に英語コースに通う必要があります。

 

「1年看護コース(コンバージョンコース)進学→オーストラリア看護師登録」

日本の正看護師資格をお持ちの場合、オーストラリアの大学にて1年間の看護学部進学にて、オーストラリアの正看護師として登録の可能性があります。1年間のハードなコースで、看護専門課程、オーストラリア法規関連、そして実習が中心となります。卒業後、学士号(Bachelor)の学位を得ることができます。

 

対象:

  • 日本で少なくとも3年制看護学校卒業者

  • 日本の正看護師資格保持者で、資格取得から10年以内の方

  • 看護師職歴を1年以上お持ちの方

  • 最低でもIELTS6.5保持または付属英語学校にて所定のレベルを所定の成績でクリアされた方

  • オーストラリア正看護師資格取得後に、オーストラリア就職にこだわらず、他国での就職も視野に入れることができる方

 

※こちらのケースでも、1年間の就学中に(学生ビザ期間中に)、ビザスポンサーとなってくれる医療機関を探す必要があり、卒業後にそのままオーストラリア就職というのはリスクが高いのが現状です。ですので、アジアも含めて、他国での就職も視野に入れることが必要です。

 

プラン例:

大学付属語学学校→1年コンバージョンコース進学→卒業後、オーストラリア看護登録

 

「オーストラリアにて3年制看護大学進学→オーストラリア看護師登録」

オーストラリアの看護師は、基本的に大卒です。オーストラリアでゼロから看護学を学び、オーストラリアで実習も経験して、卒業後にオーストラリア看護登録を目指すことが可能です。

(日本の正看護師資格保持者は、1年単位免除で2年間の就学となります)

 

対象:

将来、真剣にオーストラリアで看護師として働きたい方

 

プラン例:

語学学校(一般英語→進学準備英語)→TAFEなど専門学校にてDiploma(1.5年)→大学2年次より編入して看護学部2年間→卒業後、オーストラリア看護登録

※オーストラリアでTAFEなどの専門学校でDiploma学位を取得することにより、単位免除により1年間短縮、看護学部2年次より編入することが可能です。

 

(日本にて4年制大学卒業者の場合)

語学学校(一般英語→進学準備英語)→2年間の看護コースへ進学→卒業後、オーストラリア看護登録

※日本の最終学歴が大卒以上(学部問わず)であれば、一部の大学で、2年間の看護学部進学が可能です。

 

(日本の正看護師資格保持者の場合)

語学学校(一般英語→進学準備英語)→大学2年次より編入して看護学部2年間→卒業後、オーストラリア看護登録

※日本の正看護師資格保持者の場合、単位免除により1年間短縮、3年→2年とすることが可能です。

 

オーストラリアで2年以上留学することにより、卒業後に2年間の卒業生ビザ取得の可能性があります。そして、無事にオーストラリア看護登録ができれば、永住権申請の可能性があります。時間も費用もかかりますが、真剣にオーストラリアで看護師として働くことを考える場合は、この方法が最も確実であると言えます。

Q&A

Q. オーストラリアで看護師になるためには、どうしたらいいですか?

冒頭でもお伝えしましたが、「オーストラリアの看護師資格を得ること」と、「オーストラリアで看護師として就職すること」は、大きな違いがあります。オーストラリアの看護師資格を得ることだけでは不十分ですので、取得後のビザの問題も考えて、確実なプランを組む必要があります。せっかく苦労してオーストラリアの看護師資格を得ても、ビザが無いために就職できず、結局帰国するというケースが実際にありますので注意してください。

 

Q. 英語力がまだ足りないのですが、オーストラリアの看護専門学校や看護大学を目指すことはできますか?

可能です。ほとんどのTAFEや私立専門学校、そして大学では、付属の英語学校を持っています。最初は一般英語コースからスタートして、進学準備英語コース(EAP)を所定の成績で卒業することにより、IELTSやTOEFLなどのスコア無しでもダイレクトに進学が可能です。

 

Q. 日本の正看護師資格はオーストラリアで通用しますか?

残念ながら、日本の看護師資格は、そのままではオーストラリアで使用することはできません。

 

Q. オーストラリアの正看護師資格は他国で通用しますか?

イギリス連邦系の国などを中心に、他国でも通用します。

※書き換えの条件などは各国によって条件が異なります。

 

Q. オーストラリアのナースは、日本と同様にハードですか?

もちろん夜勤などもありハードですが、もともとオーストラリアは労働者側が強い傾向がありますので、被雇用者の権利が守られており、日本よりも労働環境ははるかに良いと言われています。残業などということもほとんどありません。

 

Q. オーストラリアのナースは、お給料は良いですか?

も看護師に限らず、日本よりもオーストラリアのほうが給与基準が高いですが、特に看護師に関しては、日本と比較すれば待遇が良い傾向があると言えます。

ブリスベン留学ドットコム
ブリスベン留学ドットコム
ブリスベン留学ドットコム
ブリスベン留学ドットコム
ブリスベン留学ドットコム
ブリスベン留学ドットコム
ブリスベン留学ドットコム
ブリスベン留学