留学カウンセラーの意義

今日は、怒っています。

それは、どこかは知らないですが、日本にあるとある留学エージェントのアドバイスの質の低さにです。。同じ業界にいる者として、腹が立っています。

昨日ブリスベン留学ドットコムのホームページより、メールにて留学のお問い合わせを頂戴しました。

お問い内容は、

現在高校3年生の男性からで、オーストラリアで自動車整備士のコースに進学し、将来オーストラリアで就職を目指したいとの事でした。

彼自身も、オーストラリアで就職するのは、ビザや言葉の問題で簡単ではない事は承知されていました。ですが、やはりオーストラリアで就職したいという意志は固く、その上で、何か方法はないものかと、日本の留学エージェントに相談されたそうです。

そして、その留学エージェントは、、彼の意志がオーストラリア就職を目指すということにも関わらず、、なんと、、自動車整備士のコース卒業後の就職は難しいから、まずは語学学校に1年間行って、英語力を上げてから考えたらいい、自動車整備士コースはとりあえず保留にしておきましょう。。。という、なんともひどいアドバイスを彼にしたのです。。

そして、そんなアドバイスを受け、本当にそれが正しいのかわからなくなり、弊社にお問い合わせ頂きました。

確かに、オーストラリアで学校を卒業後、就職するのは簡単ではありません。

現地での就職を目指すのであれば、それを念頭に、学校やコース選びをしっかり考えながら、留学プランを立てる必要があります。

ですので、単なる語学留学とは全く異なります。

ですので、自動車整備士コースを保留にして、まずは1年間、語学留学をしてはどうかというアドバイスには、大反対!

こんな適当なアドバイスしかできないのであれば、人の一生を左右するかもしれない、留学カウンセラーとしては、あまりにも未熟すぎます。自分が楽なアドバイス、自分の利益しか考えていないですね。非常に安易な考えです。

将来、自動車整備士コースを卒業後、オーストラリア現地で就職することが、目的なら、自動車整備士コースを保留にするなど、考えられません。

通常、自動車整備コースなどの専門コース入学には、ILETS(英語テスト)で5.5というスコアが必要です。

もし、一般の語学学校に1年留学となると、ただそのスコアを取るために学校に行くようなものです。それで、そのスコアが取れれば良いですが、もし取れなかった場合、、1年語学学校で勉強したとしても、専門コースに入学できません。

しかしながら、1年の語学学校に通う間に、進学準備コースを修了させれば、ILETSスコアがなくとも専門コースに進学可能です。

この場合、ほぼ確実に進学できるのです。

そして、自動車整備コースを終えた後、就職が難しい理由はというと、就労可能なビザがないからです。

ですので、卒業後に、就労ビザをスポンサーしてくれる企業を探していく必要があります。

このプロセスが最も大変で重要ですが、皆、自分の夢である現地就職にむけて、本当に粘り強くアプローチしています。

やるべき事をしっかりやれば、スポンサー探しは決して不可能なことではないです。

また、自動車整備しコースを卒業後、英語条件をクリアすれば、卒業生ビザ(Graduate Visa)を取得できる可能性があります。

このビザは1.5年のビザになり、その期間中は、フルタイムで仕事もできますので、スポンサー探しに集中できるんです。

と、ここまでアドバイスするのが、当たり前だと弊社は考えています。

将来、オーストラリアで就職を目指す場合は、しっかりと計画を立てていきましょうね!

ブリスベン留学ドットコム HP: www.bneryugaku.com E: info@bneryugaku.com​

ブリスベン留学ドットコム
ブリスベン留学ドットコム
ブリスベン留学ドットコム
ブリスベン留学ドットコム
ブリスベン留学ドットコム
ブリスベン留学ドットコム
ブリスベン留学ドットコム
ブリスベン留学