実例⑨:オーストラリア留学&就職

オーストラリア留学、そして就職移住を目指す皆さんの実例をご紹介していきたいと思います。

皆さんと近い状況の場合もあると思いますので、参考にしてください。

「エンジニア系コース」

相談内容:

「現在29歳です。日本でエンジニア系の大学を卒業後、5年間プラントエンジニアとして勤務しています。来年からオーストラリア移住を検討しているのですが、どのような方法がありますか?」

エンジニア系の職種は、オーストラリアで不足している職種リスト「SOL」に多数記載されています。ですので、エンジニア系や理系の学部を日本で卒業されている方が、オーストラリアでエンジニア系の大学院に2年(場合によっては3年)留学し卒業すれば、自力で永住権申請のチャンスがあります。

オーストラリア移住をするためには、やはり永住権が必要ですので、エンジニア系の学部を日本で卒業されている方は、永住権取得にはかなり良いポジションにいると言えるでしょう。

上記の場合の具体的なプロセスとしては、

1. 大学院入学に必要なILETSスコア(6.0-7.0:大学により異なる)を取得する。

(IELTSスコアが不足している場合は、所定の週数、大学進学準備コース(10-25週)を経由してILETS条件なしで大学入学する)

2. 大学を卒業後、職業査定機関に登録する(ILETS7.0アカデミック取得が条件)

3.申請に必要なポイントを満たした上で、永住権を申請する。

となります。

英語力があれば、最短2年程度で、永住権申請まで持っていくことが可能です。

また、5年以上のエンジニアとしての職歴があり、その職歴が、職業査定機関に認められれば、大学院に行くことなく、ダイレクトで永住権申請のチャンスがあります!

エンジニア系の学部を日本で卒業している+高い英語力+関連する職歴5年以上の方は、ダイレクト永住権申請の可能性を移民弁護士に相談するのも良いでしょう。

オーストラリアでは、専門職の給料はとても高いです!!

日本で経験がある方が、オーストラリアで永住権を取得し、エンジニア系の職種に就けば、1000万円越えの給料も珍しくありません。

ブリスベン留学ドットコム HP: www.bneryugaku.com E: info@bneryugaku.com​

最新記事

すべて表示

実例⑩:オーストラリア留学&就職

オーストラリア留学、そして就職移住を目指す皆さんの実例をご紹介していきたいと思います。皆さんと近い状況の場合もあると思いますので、参考にしてください。 「ビジネスコース」 相談内容: 「昔ワーホリでシドニーにいました。その時に、Student Apartment(寮)の受付や生徒の生活カウンセリングを行っていました。ワーホリビザが切れ、日本に戻りましたが、オーストラリアで就職したい気持ちが強く、ど

実例⑧:オーストラリア留学&就職

オーストラリア留学、そして就職移住を目指す皆さんのケースをご紹介していきたいと思います。 皆さんと近い状況の場合もあると思いますので、参考にしてください。 「チャイルドケア」 相談内容: 「日本の大学生4年生です。卒業後にオーストラリアでチャイルドケアコースに進学し、オーストラリアのチャイルドケアセンターで働いて、将来日本でインターナショナルスクールで働きたいです。どのような方法がありますか?」

ブリスベン留学ドットコム
ブリスベン留学ドットコム
ブリスベン留学ドットコム
ブリスベン留学ドットコム
ブリスベン留学ドットコム
ブリスベン留学ドットコム
ブリスベン留学ドットコム
ブリスベン留学